2005年06月11日

バジルの育て方を勝手に詳細!

バジルの育て方を勝手に詳細!
バジル(スイートバジル)
別名:バジリコ、メボウキ/科名:シソ科

■種蒔き/発芽温度が20℃〜25℃と他のハーブより発芽温度が
高いので、桜の開花後位を目安に種まきをします。
適温であれば2〜3日で発芽するでしょう。
間引きは太くしっかりしたものを残すようにします。
最終的には株と株の間が10〜15cm間隔位になるのがベスト。

■土は/湿り気があって肥えた土を好みます。
市販のハーブ用の土を利用したり、または培養土を
(赤玉土を1:1で混ぜたりする事も)利用したりします。
他に赤玉土6・腐葉土4に苦土石灰を少し混ぜて利用する方法もある。
庭に植える場合は植え付ける1〜2週間前に腐葉土、堆肥、苦土石灰をすぎこんでおきましょう。
※私は野菜などの場合、培養土に気持ち苦土石灰を入れて利用しています。(手抜きですね〜)

■場所/光を好みますので日当たりが良い場所。

■水やり/バジルは夏の暑さにも強いハーブですが乾燥は苦手です。
水やりは鉢土が乾いてきたら、鉢底から流れ出るまであげます。
庭植えの場合は通常水やりの必要はありませんが、ひどく乾燥が続くようなときは水をあげましょう。

■肥料/生育が旺盛なバジル、その分肥料も必要となります。
植付け前には元肥を施しておきますが、生育期間である6〜10月の間は追肥として月に1〜2回液肥を与えます。
(固形の発酵油かす与えたりもします)
注:肥料は科学肥料を与えたくない考えの方もいらっしゃいます。
  その場合は肥料やけに気をつけ下さい。
※私は特別な植物でない限り、肥料やけをしない化学肥料を元肥として使用します。追肥は液肥もしくは野菜用固形肥料を与えています。

■害虫/バジルによく見られる害虫は、アブラムシやアオムシ。
薬品を使えば簡単ですが食べるものですから、アオムシなら捕殺し、アブラムシは捕殺は大変ですから牛乳をスプレーしたりします。
ハダニが出た場合は切ってしまった方が早いかもしれません。
※私は牛乳などしないでいきなりアグリクールをかけたりしています。
自然系原料の害虫忌避剤と書いてありましたので使っています。

■病気/軟腐病にかかる場合があります。
軟腐病とは、急に枝先がしおれて腐ったようになる病気です。
症状があらわれた時には株は焼却処分するか生ゴミとして処分します。
細菌による病気ですので発生したら鉢植え・プランター植えの場合は土も新しくしましょう。
※私はケースbyケースですが園芸店で売っている殺菌スプレーを使う事もあります。

■収穫/15cm位の高さになったら通常収穫していきます。

◇年間の目安◇

10

11
12
種蒔き                        
植付け                        
収 穫                        

■その他/わき芽の上で摘心するとわき芽がドンドン延びていき、それを繰り返すと葉っぱの数も多くなり収穫も増えます。

バジルは多年草なんですが日本では寒さの関係から1年草の扱いになっている事が多いです。(冬越しが出来ない)
最低温度が5〜10度になるとほとんどが枯れてしまいます。
※私のは1度冬を越してきましたがあまり収穫は出来ませんでした。


↑の訂正 
一部、相方からの聞き間違いでした。
一部を除き、バジルは1年草です。
(アフリカンブルーという種類のバジルは多年草みたいですね。)
シソ科の為、とう立ちのあと通常(時期的にも寒さで)枯れて終わります。
原産国では多年草のものもあるそうです。(原産国は暑いですからね)
最低温度が5〜10度になるとほとんどが枯れてしまいます。

※ただ、、、私のバジルは昨年花が咲く前に切ってしまいましたが、
暖かい場所に置いてあった為に茎は木質化して今年4月位まで
葉が数枚ありました。不思議です。

重くて運ぶのが大変な土などはYahoo!ショッピングで配送してもらうのはどうですか?1つだけの購入だと割高ですが色々まとめて買うと楽だと思いますが・・・。

【トマトを使った苗の植え方を勝手に詳細!】しています


◆こちらはブログランキングで〜す、1つクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ  or にほんブログ村 花ブログへ
posted by 港月見 at 11:50 | □花&園芸

アクセスの多い人気記事?