2006年08月28日

【海外携帯電話】って何だよ〜。

タイトル通りに海外携帯電話ってなんだよ?
実は私もメチャクチャ詳しい訳ではないんです。
シロートの知識に少し毛が生えた程度の知識しか持っていないのに
「買った方が特だぁ〜」と言っているのです。
チョ〜初心者用なのでオタクの方には物足りないと思いますがお許しを。

世界の携帯電話の規格にはGSM方式、CDMA方式、TDMA、W-CDMAなどがあります。
日本はPDC方式なる規格を採用していますが、当時NTTドコモが世界規格を
目指し努力をしていましたが法律の関係で、
日本国内のローカル規格にとどまってしまいました。
今は次世代の規格に移行しつつあります。
(W-CDMAが次世代の方式で世界中で利用出来る予定です。まぁ〜この辺も突っつかれると非常に困ります・・・。)

では世界で普及したのは?答えはGSM方式になります。
他の規格は北米がメインになりますがGSMの良い所は北米でも
もちろん利用する事ができることです。
世界中のほとんどの地域をカバーできるので便利です。

GSMには電波の種類が900、1800、1900とありまして
900は欧州、アジアなど北米を除くほとんどのGSM採用国でサービスし、
1800はドイツ、イギリス、フランス、香港、シンガポール、台湾等でサービス
1900は北米、ハワイのみでサービスをしています。
(あくまで目安にして頂き渡航先の情報をご確認ください。)
※最近は800、850など見かけますがGSMなのかな・・・?

日本にも昔、800Mhや1.5Gなどありましたが、規格が違いますので
海外に携帯を持っていっても対応機種でない限り使う事はできません。


GSM機を含め海外携帯は電話機本体と番号を別々に購入するのが普通です。
「???」私もそうでしたがこれだとチョット分かりづらいですよね。
日本で携帯電話を購入すると電話番号を選びすぐに使えますよね?
それは各電話会社が番号と一緒に電話機を販売しているからです。

海外では電話機は電話機メーカーが販売をして、
電話番号は通信会社が番号を販売するのが普通です。
日本の家庭用の電話もNTTと契約をして、
電話機は家電屋さんに買いに行きますよね?
それと同じ方法が携帯電話の世界にも広がっています。

参考SIMカード写真のようなチップ(SIM)を販売店で購入して電話機に差し込み使います。

注意:差し込めば使えるSIMもありますが、通常は電話機に差し込み店員さんにセッティングしてもらいます。

このSIMカードはプリペイト式の前払いなので足りない分はチャージして使えます。通常、番号を購入した時には数分話す事ができます。
私もそうですが番号は使い捨てが多く行くたびに購入をしています。

でもこの形、何処かで見かけた事がありませんか?
FOMAや一部のボーダフォンに使われているカードと同じです。
だから海外携帯電話機を持っていれば自分の携帯からこのカードをとり
差し替えてあげれば海外でも使える訳です。
(ローミング費用は別途かかります)
でも国内で使っているのが海外対応だと意味無いですね(笑)

↑ちなみに通話料金が安い現地のSIMを国内の電話機に差し込んでも使えません。
たとえ海外対応機でも日本国内の電話機には自社のSIM以外は
認識しないようにロックがかかっております。
だから現地のSIMカードを利用したい人は海外電話機を購入するしかありません。

海外携帯電話GSM機は良いぞ〜」は以前書いた
なぜ?外携帯電話機を購入したいかを書いています。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私が最初に参考&勉強したサイトです。
グローバル・モービル・フォン・クラブ 
香港GSM-3G携帯情報局

購入した電話機を使っていたので参考にしたサイトです。
ダイビングと水中写真
ベトナムとPDAとモバイルと
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<2006.8.28>


ラベル:オタク

にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
↑応援ありがとう↑
posted by 港月見 at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ┣旅行に便利なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック