2009年11月14日

【香港8】夕食に味皇千式餐廳小廚なる店に飛び込んだ

【2008年7月:8回目の香港旅行記談】

と言う事で
お腹が減ってやって来たお店は
「味皇千式餐廳小廚」なる
彌敦道沿いにある食堂です。
(飛び込みでいきなり入りいました)
                 

大きな地図で見る

↑↑↑485Aの辺りでした。
伝票にもこんな感じで・・・。

3日目の夕食香港

テーブルに着くと
威勢の良いおばちゃんが
「日本人ならこれだよ」と
指さして教えてくれたのが
みそラーメンのようなもの。

他にも頼みたいモノがあったので
考えているとおばちゃんは消えた(笑)

メニューを見ても漢字ばかりで
形が浮かばない・・・。
せめて英語で記載されていれば
まだ注文しやすいんだけどなぁ〜。

取りあえず一か八かの賭に出て
幾つかを頼んでみました。
早速テーブルに運ばれてきたのは?

3日目の夕食香港

↑↑↑おばちゃんおすすめのラーメン。
見た目は日本風だけど味は全く違かった。
口にした途端「うぅっ・・・」
日本のラーメンとは違う。
やはりラーメンは日本のが良い。

3日目の夕食香港

↑↑↑シンガポールカレービーフンです。
無難な味を求めて注文したのだが
私には辛くてつらかった。

3日目の夕食香港

↑↑↑そして究極の失敗。
野菜好きの私でも食べたくなかった。
新鮮なレタスを湯通ししたおかず?
オイスターソースを付けて食べるようだが
味無し、食感悪し、今後は食べないだろう(笑)

これにコーラとレモン水?を注文して
94香港ドル。
夜の長い香港、早い夕食だったので
このあと夜食を探す事になりそうだ。




コニカミノルタDimage:Xgにて撮影しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
↑応援ありがとう↑
posted by 港月見 at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ┣香港旅行記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック